FC2ブログ
< 2018年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2018年09月 >
ホーム  > 自転車・タイヤ、ホイール > FSEカーボンホイールを1年使ってみた感想

FSEカーボンホイールを1年使ってみた感想

オッスオッス。

去年の6月頃に画期的な製法の軽量ホイールが出た!
という記事をみて7月に購入し1年使用してみました。

買ったホイールはコレ。
re_DSC_0018_20180810210756d14.jpg
現在は価格がややアップしクリンチャーのみの仕様は無くなってる模様。
re_DSC_0019_20180810210758609.jpg
カーボンファイバーを重ねて作るレイアップよりも格段に強度が高く
機械で編み込むフィラメントワインディングという製法のリムです。

リム高45mmもあるのにリム重量440gと軽量。
前後合わせての重量は1400g切ってます。
タイヤ、チューブ、リムテープ、スプロケ(アルテグラ)、
バランスウェイトを入れた重量はこんな感じ。
re_DSC_0026.jpg
フロント 928g
re_DSC_0023_20180810210801b7a.jpg
リア 1298g
比較的軽い方だと思いまうす。

それまで使用していたナローリムの旧ゾンダと比較した感想。
ゾンダのリム重量が460g程なのでゾンダより若干軽い程度と
思ってましたが漕ぎ出しの一踏み目から軽さがハッキリ分かる。
多分リム高45mmなので外周部の重量はかなり軽くなってるみたい。
そして20km/hをチョイ超えたあたりからのクルクル軽く回る
感じが凄く気持ちいいでうす。

剛性は自分にはちょっち高いのかも。乗り心地は硬いです。
タイヤ、チューブ、空気圧で調整すると何とか大丈夫なレベルに。

ハイトが45mmもあるので横風で煽られる心配をしてたけれど、
実際は殆ど気にならないです。
が、風が強いとやはり煽られるので若干注意は必要です。
向かい風だとエアロ効果が体感できて思わずニンマリ。

付属のブレーキシューは取り付けて直ぐに焦げてカチカチに
なったのでスイスストップのブラック・プリンスに変更。
焦げること無く強力な制動力ですが消しゴムのようにすり減って
行くのが分かります。
雨の日は晴れの日の7掛け位の制動力で正直止まりません。
なので雨の日はかなり注意が必要。

そして特筆すべきはリムの強度がスゲェ事です。
カーボンホイールだからと慎重に乗ってのは最初の頃だけで
じきアルミホイールと同じ様に歩道の段差なんかもガンガン突っ込んで
乗るようになっても全く何とも無い。

13万円程でこの性能。
それをなんの気兼ねもなく普段使いで使えるのが凄く良い所でうす。

関連記事

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲page top