< 2018年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年07月 >

ちょっくら蒜山までキャンツー行ってきた

オッスオッス。

梅雨入り以来スカッとしないお天気が続いてまうす。
久しぶりに週末の天気が良さそうなのでコレはチャンスと
キャンプセットもってお出かけしてきました。

tailfinにキャンプセットと着替えその他諸々積んで準備万全。
なんだかんだで荷物が10kg超えてしまいました。
流石に後ろにコレだけの荷物あると自転車の性格が激変です。
最初は立ち漕ぎが出来ませんでした。
まぁ、直ぐに慣れて出来るようになりましたが・・・

目的地まで最短コースを選択したら想像以上にアップダウンが
あって結構キツかった。
re_DSC_0012.jpg
re_DSC_0015_20180618211219c81.jpg
景色にテンションがあがって直ぐに忘れてしまうのです。
re_DSC_0027.jpg
途中、グラベルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
と、テンション高めに登ってみたらミスコースで引き返したり、
晩飯を調達する予定の店を坂道超えた後にスルーした事に気づいて
引き返し再度坂道超えしてみたりして、お昼に目的地蒜山高原到着。

とりあえず蒜山高原センター近くの飯屋で昼飯。

re_DSC_0030.jpg
蒜山焼きそばと言う名の微妙な味の焼きそばと蒜山おこわと言う
可もなく不可もなくなおこわ。出来合い物のポテサラとちっこい冷奴。
コレで1300円位するのは客を馬鹿にした商売だと思いました。
こんなんやってたら観光客来んなるで。

re_DSC_0038_20180618211221a1a.jpg
気を取り直して進んで蒜山高原キャンプ場到着。
re_DSC_0045_20180618211222677.jpg
サクッとテント設営し日陰で一休み。

ジャージー牧場へ。
re_DSC_0058.jpg re_DSC_0080.jpg re_DSC_0056.jpg
うし、うま、あいす。

温泉で綺麗さっぱりした後、晩ごはん。
re_DSC_0101.jpg
ごはん、ビーフシチュー、サバ缶、味噌汁、コーヒー
でお腹いっぱい。

夜はあれよあれよと冷えて8時過ぎにはすでに気温13度。
re_DSC_0103.jpg
シュラフから出られんがな。
テントの入口開けたまま頭を出して寝てみると夜空の
星が凄い!メチャ綺麗!
re_DSC_0162.jpg
寒いの我慢して写真撮ってみたら少しだけ星が写ってた。
もっと綺麗に夜空撮れるようになりたいなー。
結局テントの入口全開のまま星を眺めながらの就寝。

re_DSC_0172[1]
翌朝は鮭雑炊と味噌汁、コーヒーで簡単に済まし、
テント撤収。
油断して虫除け塗らずにレッグウォーマー外したら
テント撤収の10分程の間に6箇所ブヨに噛まれた・・・

ブヨは1日程経つと腫れて猛烈に痒いのが数日続くよと
聞いていたのでやべーなーと思っていたけれど、
1日半経過した現在。
re_DSC_0010.jpg
ワシどうも噛まれても大丈夫な体質らしい・・・

サドルバッグ少し大きいのに変えてみた

オッスオッス。

前回、tailfin使ってみてケースバイケースで
サドルバッグも使いそうだなーと思った次第です。
10Lのサドルバッグだとテント、マット、シュラフ
がギリギリでもう少し容量が欲しい。
なのでもう少し容量が多い12Lのヤツを購入してみました。

写真でなんとなく付けれそうな物をチョイス。
re_DSC_0059.jpg
容量多いぶん結構長さがありまうす。
早速取り付けてみたところ、取り付けれませんwww
シートポストの出量の足りない短足には厳しい模様です。

re_DSC_0011_20180612221338f3f.jpg
つう訳で無難に前のヤツと同じ物の12L仕様を買いました。
最初から買っとけよ俺!って感じですね。
12Lだと流石にキャンプセットがスンナリ入っていい感じです。
あとはフレームバッグとフロントバッグの容量があるのを
揃えれば着替え+アルファは持っていけそうでうす。


持ってて良かったイージーパッチとGP4000S2

オッスオッス。

先日tailfinを取り付けていた時のことです。
re_DSC_0045.jpg
タイヤズル向けてますやん。
ふと、見てみると以前使ってたシュワルベワンが
バリ山の状態で出てきたので取り付けてみました。

このシュワルベワン、雨の日は全くグリップしません。
あとこのタイヤ割合カットしやすいです。
乗り心地、抵抗、ドライのグリップはとても良いの
ですが僕にはデメリットの方が大きいのであまり
好みじゃありません。
ならつけるなよ!とか言われそうですが
乗り心地は良いのですよ。

そして週末はtailfinの使い心地のテストも兼ねて
お出かけしてきました。
荷物の量はサドルバッグで十分だったのですが、
tailfinだとガラガラなので保険として新品の
gp4000s2を入れときました。

10km程進んだところで
re_DSC_0011.jpg
オゥ、シット
なんでパンクしたのか原因不明。

さらに20km程進んだところで
re_DSC_0014.jpg
ナンテコッタイ、予備チューブもう無い\(^o^)/オワタ

re_DSC_0015.jpg
ツールボックスにイージーパッチありました!
イージーパッチで穴塞いで直りました。助かったー!

さて、パンクの原因は今回も分からず。
何度見てもタイヤ何も刺さって無い。
ただ同じ場所に穴開いてたのでタイヤが原因と推測。
この手のパターンのタイヤやリムテープはサクッと
捨てたほうが早いのを今までの経験上知ってるので交換しまうす。

re_DSC_0016_2018060521462375f.jpg
持ってきてよかったGP4000S2。
交換後は特に何事もなく走行出来ました。

牛窓沿いから兵庫入り。
re_DSC_0037_201806052146240df.jpg
姫路城見に行こうと思ったけど人大杉。

re_DSC_0038_20180605214626b33.jpg
そして昼飯はカレーうどんのやべーやつ。
アホほど丼デカイです。

三田市で宿泊。

re_DSC_0046_20180605214629dff.jpg
途中、あさひで残機回復。

re_DSC_0045_201806052146279f5.jpg
問題児はゴミ箱へイン!

re_DSC_0054_20180605215752233.jpg
re_DSC_0065.jpg
翌日は有馬温泉寄って新神戸からのぞみで帰宅。


tailfinは重心が低くて安定してて、漕ぎ始めはやや重いけど
走り出すとあまり気にならなくなりまうす。
ただサドルバッグよりも風の抵抗はハッキリ分かるかも。
荷物の量によってサドルバッグと使い分けるのが良さそうです。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナレーサー(Panaracer) イージーパッチキット RK-EASY
価格:366円(税込、送料別) (2018/6/5時点)


画期的なキャリア Tailfin届いた。

オッスオッス。

2月にポチったリアキャリアが色々トラブルを
乗り越えてやっとこさ届きました。

re_DSC_0016.jpg
Tailfinやで。

早速開封。

re_DSC_0018.jpg
本体と専用クイックリリース。
本体はカーボンで360gと軽量です。

re_DSC_0019.jpg
専用パニアバッグ。
軽量タイプと丈夫なタイプの2種類があり、
これは丈夫なタイプでやや重いです。
re_DSC_0041_20180528220317467.jpg
内側に微妙なサイズのポッケ付きの板?があり、
これを外すと少し軽くなりまうす。
外した状態で1つ800g程。

re_DSC_0032.jpg
専用クイックリリースを取り付けておけば
簡単に本体が取付出来まっする。

re_DSC_0037.jpg
re_DSC_0038_201805282203168ac.jpg
パニアバッグもレバーで簡単に取り付け出来る。

re_DSC_0042_20180528220319774.jpg
容量22Lあるのでキャンプ道具類もバッグ1つで収まった。
もう一つに衣類その他で十分賄えそう。
これでキャンツーが捗りまうす。

Camelbak ハイドレーションシステム

オッスオッス。

先日『今年は脱リュック目指しまうす。』と言った
舌の根も乾かぬうちにリュック買いました。

re_IMG_3865.jpg
キャメルバック ローグ 2L ハイドレーションシステム

名前の通り2Lのハイドロバッグ。
暑い時期に氷を入れておくと背中が涼しくて、
溶けた氷も飲めるという一石二鳥なバッグです。
種類も幾つかあってクラシックとローグで色々悩んだけれど
軽量なクラシックより、少し物の入るローグにしてみました。

re_DSC_0007.jpg
重さ423gでまずまず。

re_DSC_0005-001.jpg
リザーバーはクイックリンクだと思ってたけど
違いました。ぬあぬあ。

re_DSC_0006-001.jpg
上のポケットは結構深くて長めのスマホでも
全然余裕で入りまうす。

re_DSC_0008.jpg
下のポケットは長めのスマホだと微妙な感じです。
お財布やらパンク修理キット入れるのに向いてそう。

全く予想外だったのが他にも荷物入れれる所があった事。
re_DSC_0009.jpg
意外とデカくてティッシュ半分位入ります。
チョットした補給食入れとかに良いかも。

もう少し暑くなってきたら使ってみてインプレします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CAMELBAK ローグ ブラック 18890465 荷室2.5L+リザーバー2.5L
価格:8467円(税込、送料別) (2018/5/16時点)




▲page top